フランチャイズオーナー必見!本部を上手に使って150%の成果を出す運営方法

「フランチャイズ」という言葉、今ではもうすっかり有名ですね。

 

フランチャイズとは簡単に言うと、代理店業のこと。
本部の業務を代わりに運営していく、というものです。

 

形を変えていろんなビジネスで展開されているこの仕組みですが、塾などでもそれはありますし、今ではほとんどがフランチャイズ形式の塾ではないでしょうか?

 

ということで、
今回の内容ですが、

 

「本部って、動き遅くね・・・?」とか、
「もっとうまく使えないかな・・・」

 

なんて思っている方は参考になるかもしれません^^

 

かつてフランチャイズ本部の事務員として所属していた私の目線から、当時の体験も踏まえて「こうすれば本部も素早く対応してくれるかも」みたいなことをランキング形式で書こうと思います^^

フランチャイズとは

f:id:maruhijukujoho:20171101235419j:plain

フランチャイズは「本部」と「事業契約者」の2つに分かれ、本部を「フランチャイザー」、契約者を「フランチャイジー」と言います。
詳しくはwikipediaを参照

 

これ、本部目線だと
「我々本部が培ったノウハウとかいろいろ教えるから、売上の一部をください」

 

契約者目線だと、
「売上の一部を払うから、ノウハウを教えてください」

 

というもの。

 

塾でのノウハウだと、指導の仕方や、講師、使う教材、その他のサポート、などがあったりします。

 

 

第3位:・・・・の前に

f:id:maruhijukujoho:20171101235920j:plain

こんにちは^^

 

これから書く内容は、若干刺激の強いものになっていますので、不快感を覚えたりした場合は、すぐに戻るボタンを押すことを推奨します。

 

正直に言って、今の時代、塾でフランチャイズをするにも、ただ本部の言うことを聞いているだけでは売上はほぼ上がらないと思います。

 

なので、今回言いたいことは「本部の指示を待つ」のではなく、自身でどんどん動いてチャレンジし、より良い方法を見つけ、より良く稼ぎ、もっといい塾を運営してほしいという内容です。

 

自分で運営するのですから、売上がないとどうにもなりません。なのでまずは売上をしっかりと意識してください。

 

運営をする以上、綺麗事は稼いでからです。

 

第3位:売上

f:id:maruhijukujoho:20171102000336p:plain

では、本部を上手に使う方法をご紹介していきます。

 

第3位はズバリ売上

 

1位じゃないんですよ、コレ^^
売上がいくらあっても、その塾長が横柄な態度だったら、本部はなかなか動きません。

 

「え?俺の言うことは、やつらは聞くけど?」と思われた方。
ほんの少しでいいので、柔らかく接してみてください。それだけで彼ら(本部)の動きが1.5倍になります。

 

本部は人間

本部を構成しているのは、その本部(会社)に所属している人間です。彼ら(社員)も他にいろんな業務があるので、優先順位をつけて行動しています。

 

しかし、現場(塾長)はそんなことは関係ありません。いくら本部が忙しくても、それを理由に後回しにされては、シャレになりません。というか契約違反です。

 

ということで本部は「この塾長、売上があるから、まあ仕方ねぇな・・・」としぶしぶ動くことになります。

 

つまり、
もし売上があって、人当たりのいい塾長だったら?・・・

 

それはもう、本部ではニコニコですよ^^!
「あっ、〇〇塾長からのお願いなら!」って。

 

はっきり言って気分の問題が半分以上を占めているわけなんです。

 

第2位:締め切りを守る

f:id:maruhijukujoho:20171102001336j:plain

これ、めちゃくちゃ大事です。

 

月末に、本部に書類を出したりすると思いますが、締め切りギリギリだと印象がめちゃくちゃ悪くなります。

 

たった1回でも提出期限を過ぎると「提出もろくにできないのかよ・・・」と、経理のお局さんにレッテルを張られます。
※そうなるとお局の後輩がいじめられます^^;

 

1度レッテルを張られると、あとはその人の粗を探して「ほらやっぱりね」となり、泥沼化。いくら売上があったとしても、それだけではこのレッテルをはがすことはできません。

 

逆に、締め切りをしっかりと守る塾長は「ああこの人面倒じゃないから、まあ相談に乗ろうかな?」となります。

 

最終的には仕事なので動くのですが、その初速が段違いです。

 

事務作業

塾でもなんでも、”運営する”ということは「営業」と「事務」が必要です。そして、各フランチャイジーに対して、本部がそれぞれのサポート役を担当させます。

 

よく「スーパーバイザー」なんて単語を耳にしませんか?
彼らが運営のサポートに当たります。

 

このスーパーバイザー(略してSV)ですが、営業など現場でのサポートはしますが、細かい事務作業はしません。

 

それをするのは本部にいる事務職の人たち。経理なのか総務なのか知りませんが、事務手続きなどの作業をする人間が別にいるのです。いろんな発注とかがそれですかね^^

 

ということは、事務の気を逆なでするようなことをすると、本部の動きは鈍くなります。

 

第1位:文句を言わない

f:id:maruhijukujoho:20171102002233j:plain

さあ、本部を上手く転がすための方法堂々の第1位は、これです!

文句を言わない

つまり、言うことを聞く、です。

 

いいですね~~^^
文句を言わなければ、ある程度の売上でも大概聞いてくれます。

 

「この塾長、いい人だわ~~」って感じです^^

 

お気付きでしょうか?

ここまで来て「ん?なんか・・・ちょっと・・・」と思った方もいらっしゃるのかと?

 

本部を上手に使う方法、と書きましたが、結局は本部にいい印象を与えるだけです。そうすれば彼らはサクサク動きます。


2つのジレンマ

f:id:maruhijukujoho:20171102002614p:plain

「本部の言うことを聞く」「稼ぐ」
一見、つながっていそうですが、実はこの2つは相反するものなんです。

 

先ほども書きましたが、本部は会社です。なので本部の人は「会社員」
一方で、フランチャイズに加盟する人は「独立してビジネスするんだ!」といった「自営業」です。

 

本部の言うことを聞く。それは、会社員の言うことを聞くということ。
つまり「上司からの指示を待ち、指示が来たらそれを聞いて取り掛かる」ということに他なりません。

 

当時、社長や上司に「とにかく本部の言うことを聞かせて稼がせろ」と言われたんですが、う~~~ん・・・^^;

 

まあ、本部としての意見なので、気持ちはわかりますが、果たしてサラリーマンの考え方や動き方で「自営業」は稼げるんでしょうかね^^;

 

疑問に思ったので「塾長って自営業で社員じゃないですよね?」って、あのとき質問しましたが、回答は得られず、執拗に上司や先輩から怒られました^^
※まあ長かった^^;

 

チャレンジ精神を持つ

f:id:maruhijukujoho:20171102003147j:plain

「塾」という初期投資が巨額なビジネスに取り組む場合、始めるにあたってある程度の貯金が必要になってきます。

 

ということは、”塾長”は社会に出て何年か務めている方、もしくはご自身で何かビジネスをされている方の可能性が高いです。

 

今では副業もほぼ解禁されて、いろんな方が様々なことを始めています。

 

そんな中で、ずっとどこかに所属をして、ずっとその中だけで動いていた人に、いきなり「さあどうぞ!」といっても大体動けません。

 

実際、本部にいたときも、稼いでいた塾長のほとんど全員が、すでになにかしらの事業をご自身でされていた方でした。

 

彼らはいい意味で勝手です。
少しでも自分の売上になることならガンガンチャレンジしてきます

 

摩擦は起こる

「これは契約違反なのかどうか」を調べて、さっさと行動します。

 

当然です。
わが身がかかっているわけですから、ちんたら指示なんか待ってられません。

 

一方で本部は、給料が出て最低ラインが(一応)保証されているので、そういう意味では必死ではありません。これでは摩擦が起きて当然です。

 

なので、フランチャイズ塾で稼ぐ場合、摩擦はほぼ起きるといってもいいでしょう。

 

複数持つ

f:id:maruhijukujoho:20171102004101j:plain

もし、今フランチャイジーで

『なんか、思いっきり行動ができないな・・・』

と感じるなら、それはおそらく収入やサポートといった頼るところ1つしかないからではないでしょうか。

 

収入面

「ここで本部に嫌われたら今の収入が無くなってしまう!?」といった恐怖感から、とりあえず従っておこう、というスタイルになっているのかも!?

 

ちょっと想像してほしいのですが、塾以外にもう一つ、別の収入があったらどうでしょう?そのもう一つが月20万くらいあったらいかがですか?

 

20万で生活できるかはさておき、塾のほうがダメになっても最悪の状態は回避できると思います。

 

そして「まあ、塾がダメになってももう一個のほうがあるから、まだ何とかなるか」と、いい意味で吹っ切れるため、思い切った行動ができると思います。

 

精神面

収入もそうですが、もう一つはサポート面。

 

本部にしか聞いてはいけない、なんてことはありません。
普通に「勉強したいんで」といって繁盛している校舎にお邪魔してみてください。
※もし禁止しているフランチャイズなら、プライベートで会って個人のお話の一環で聞きましょう

 

そこで塾長さんに質問すればいいんです。
「今こうしてるんですが、この面でうまくいかなくて・・・」

 

聞かれた塾長はきっとものすごく喜ぶと思いますよ^^

 

インターネット

f:id:maruhijukujoho:20171102004426j:plain

インターネットが当たりまえになり、もはやどんな人間でも情報をキャッチすることができる時代です。

 

しかも、時代の成長がものすごい早いので、塾側も世の中のスピードについていかないといけません。生徒は若いので、ガンガンものごとを吸収していきます。

 

そんな中、本部の指示待ちをしていたら、確実に時代に取り残されるでしょう。もし取り残されても本部は保証はしてくれません。

 

自分から情報を取りに行って勉強し、自分を出してください。

 

 

塾は勉強する場所

f:id:maruhijukujoho:20171102004617j:plain

生徒だけでなく、先生も勉強する。まさにこれです!!

 

「遊んでばかりいないで勉強しろ!」
昔からある文句ですが、それを地でやっていかないとダメ、ってことですね。生徒も先生も。

 

なので、先生も勉強しましょう!!

 

いいじゃないですか!!
自信をもって生徒に言えるわけですから。

 

「俺もやってるんだから、勉強しようぜ!」って^^

 

もはや、算数とか、英語だけにこだわっている場合ではないですよ。必要な科目を通して、塾長が自ら隠し味を加え、そこだけのオリジナルな塾を運営していければと思います。

 

 

まとめ

今回の目的は、正直に言うと「本部は利用すべき道具の一つ」ということを言いたかったのです。

 

今の時代、なにかひとつのことに依存するのは極めて危険です。もしその依り代がなくなったら・・・?

 

あと、体がついていかなくなったらそれも大変ですよね。倒れてしまう前に、自分でもう一つ依り代を用意しておきましょう。特に複雑なことをしなくても構いません。

 

今後の運営が上手くいくことは、生徒のためにもなる、ということなのです。

 

関連記事

【塾・家庭教師】学校と塾の関係とは!?win-winの関係を築きましょう!!
新学年の準備をしよう!!各学年の勝負どころを解説します
「子供が勉強しない」という悩みは「勉強してほしい理由」を考えるとだいぶスッキリします
「雑談」は信頼関係の地盤慣らし。その後をどうするかで生徒集めは決まります。
【塾選び】塾って結局どんなところがいいのでしょうか?
勉強しているときに音楽は必要かどうかについて
塾を選ぶとは、環境を選ぶこと。勉強の習慣をつける環境が「塾選び」の秘訣!
【塾】集団授業VS個別指導 勝つのはどっち!?【メリットデメリット編①】
【塾】塾運営はライバルの活用が必須!?相乗効果がもたらす画期的な指導方法とは!?【家庭教師】
国語が苦手な生徒が思ってる「読解力=国語力」について
週1回の授業でも子供の成績は上がる!?その方法とは!!
【裏事情】入試難易度??「何が」上なのか下なのかを明確に!!【塾、家庭教師】
【塾】高学歴でなければ教えられない!?学習業における学歴と指導の関係とは【家庭教師】
春から高校生の方必見!!大学受験への塾、予備校、家庭教師、結局なにがいいの!?
塾が行う様々なリスクヘッジとは!?