「雑談」は信頼関係の地盤慣らし。その後をどうするかで生徒集めは決まります。

こんにちは^^
以前に、生徒集めのコツとして「雑談をする」という記事を書きました。

関連記事:【塾運営】雑談が塾を救う!!生徒集めのコツにおける雑談のススメ【集客】

 

生徒と雑談をすると、生徒自身がその先生に心を開いていろいろお話をしてくれます^^

 

では、雑談さえしていればいいのでしょうか?
雑談さえしていれば「生徒集め」はできるのでしょうか?

 

そこらへんについて、少々お話をしていきます^^

雑談は手段

f:id:maruhijukujoho:20171025225636j:plain

まあ、いないとは思いますが、
雑談さえしていれば自分のところに新規の生徒が舞い込んでくる。

 

そんなことはあり得ません^^;

 

もしそうなら「集客」という単語はこの世から消えます^^;
あくまで生徒に「友達連れてきてね」と言い、実際に連れてきてもらうための布石にすぎません。

 

雑談の先を見る

f:id:maruhijukujoho:20171025232008j:plain

雑談は楽しいです^^
いつまでもおしゃべりしていたいです。

 

でも、それだけで済むほど「集客」は簡単ではありません。

 

”お友達”に来てもらうために自分の生徒に活躍してもらうわけですが、もしそのとき!肝心の生徒の成績が芳しくなかったらいかがでしょう?

 

想像してほしいですが、
のび太君に塾に誘われるのと、出来杉君に誘われるのでは、まるで違いますね^^
※例えが変ですいません^^;

 

つまり、誘った人間の信用(今回のケースでは学力)が大きく関わってくるのです。そしてその話を聞いて、親御さんがどうするのかを判断する、という仕組みなんです。

 

「え!?あの出木杉君に誘われたの!?」
と、選ばれし者に選ばれたので、喜んで足を運んでくれます。

 

一方で「あ~・・・のび太君のお誘いか^^;・・・」
と悪気はないのでしょうが・・・たぶん、足が動くことはないでしょう^^;

 

そのため、生徒に動いてもらうのと同時に、生徒の成績も何とかしないといけません。

 

付加価値

f:id:maruhijukujoho:20171026093616p:plain

塾は、”卒業”があるため、常に新規の生徒を募集なければいけません。

 

校門の前でチラシをまき、近所の家々にポスティングに行き、ホームページを作ったり、集客代行をお願いしたり、もう必死です。

 

当然そのくらい必死でないと、いつまでも”0人”でどうにもならないのですが、すぐに退塾されては元も子もありません。

 

そのため、塾は新規で集めた生徒を必死で継続させます。
流れとしてはこんな感じです。

  1. 新規入塾
  2. 生徒の継続
  3. 卒業or退塾

1~3の繰り返しですね。

 

ずっと継続してくれればいいですが、どうしても”退塾”から目を背けるわけにはいきません。

 

生徒はどんな理由で退塾するのでしょうか??
それは、一部の特殊な理由(引っ越しや卒業)を除いてほぼ満足していないから

 

そりゃそうでしょう^^;
不満足サービスにいつまでもお金を払うはずがありません。

 

コンビニ行って、水を買おうとしたら、商品を取られて金だけ持ってかれた!?
↑こんなことがあったら事件ですよね^^;

 

まあちょっと例が下手でしたが、満足度が一定値を下回ると”退塾”になると思ってください^^;

 

この「満足度」は、先生への信頼や対応、成績UPや授業力など、様々な要素があります。
そしてこの満足度を上げるコツの一つが雑談などの付加価値なんです^^

 

授業力

f:id:maruhijukujoho:20171026114253j:plain

付加価値を上げるちょっとしたコツが
授業以外に力を入れる
です。

 

「授業をおろそかにしていい」ということではないですよ。

 

今の時代「授業がいい」なんていうのはもはや必須条件・・・いや、条件ですらなく、あたりまえの時代です。そのため、授業以外で勝負しないといけません。

 

さて、授業の質は高いまま、授業外に力を入れるにはどうすればいいでしょう?

 

そんなことなんてできるわけないだろ!!というお声をいただきそうですね。

 

はい、もちろん一人ではほぼ不可能です。なので今の時代にあった道具を上手く活用してください^^

 

①上質な授業

どうすればいい授業が提供できるのか?
「う~~ん・・・私は授業できないしなぁ・・・。人を雇うのも・・・」
とお悩みの方!!

 

今はスマホがあるじゃないですか^^
ネット万歳の時代じゃないですか^^

 

ガンガン使いましょうよ!!スタディサプリなんて、超上質なサービスが月1000円以下で受けられるんですよ!使わない手はありません。

 

二宮金次郎だって、彼の時代の最高の道具が”本”だったから”歩き読書”をしているわけで、今の時代なら間違いなく”歩きスマホ”ですよ、絶対!!^^
※歩きスマホは危険なのでやめましょう^^

 

いい授業力は、すでに世の中にあふれています。そしてそれらを容易に手に入れることができます。目的はいい授業を提供することです。講師が自分なのか他人なのかは関係ありません。

関連記事:たった5分のスキマ時間から450分を生み出すスタディサプリが超オススメ!!

 

②授業外の質

ココで差が付きます。
人と人とのコミュニケーションなので、当然講師や塾長の手腕が問われます。

 

ここは、Siriやペッパー君の出る幕ではありません。ここに全力を注ぎましょう!!

 

いろいろ方法はありますよ^^
そして、全力を注ぐためにはどうしたらいいのか。それを全力で常に考えていきましょう^^

雑談と授業力のつながり

f:id:maruhijukujoho:20171026120322j:plain

以前にも書きましたが、生徒は塾に来る頃にはすでに疲れている状態です。そこからまた授業を聞くのは、正直辛いですよね^^;

参考:【塾運営】雑談が塾を救う!!生徒集めのコツにおける雑談のススメ【集客】

 

なので、生徒に話をさせることが必要なんです。人間、自分の話を聞いてくれる人の話は聞いてくれます。

 

「先生が言うなら」の状態になるまで試行錯誤してください。

 

大人も勉強する

f:id:maruhijukujoho:20171026121802p:plain

言わずもがな、大人も勉強してください。

 

まさか、勉強が「国語」や「算数」だけ、だなんて思っていませんよね^^

 

塾を運営するにはどうするのか?
もっと言うと、今のこの時代を生き抜くにはどうすればいいのか?

 

そういった姿勢が、生徒にも伝染して、それがいいスパイラルを生みます。
ぜひ勉強してください。

 

まとめ

雑談は生徒との信頼を築くための地盤慣らしです。雑談ばかりでは意味がないですし、全く雑談できない雰囲気も問題です。

 

「友達連れてきてね」をスムーズに行うために、そしてしっかりと呼んできてもらえるためにも、生徒との信頼を築くようにしていきましょう^^

 

ここまでご覧いただきありがとうございます

 

関連記事

週1回の授業でも子供の成績は上がる!?その方法とは!!
【塾】高学歴でなければ教えられない!?学習業における学歴と指導の関係とは【家庭教師】
【塾】塾運営はライバルの活用が必須!?相乗効果がもたらす画期的な指導方法とは!?【家庭教師】
【塾】集団授業VS個別指導 勝つのはどっち!?【メリットデメリット編①】
新学年の準備をしよう!!各学年の勝負どころを解説します
【裏事情】フランチャイズの「うちなら〇〇と稼げる」に注意!!
フランチャイズオーナー必見!本部を上手に使って150%の成果を出す運営方法
【裏事情】入試難易度??「何が」上なのか下なのかを明確に!!【塾、家庭教師】
春から高校生の方必見!!大学受験への塾、予備校、家庭教師、結局なにがいいの!?
集団塾と個別塾のメリットとデメリットを授業のスタイルで解説します
生徒フォローができる塾は素晴らしい!!
【塾・家庭教師】学校と塾の関係とは!?win-winの関係を築きましょう!!
塾が行う様々なリスクヘッジとは!?
【塾選び】塾って結局どんなところがいいのでしょうか?
勉強しているときに音楽は必要かどうかについて

Menu

HOME

TOP