この時期から大学受験への勧誘がはじめるので、それについて少し話します。

こんにちは^^

 

10月も終わりになり、いよいよ2017年もわずかになりました。

 

この時期になると、というか9月頃から、塾側が大学受験への布石を打ってきます。あとは、教材屋の営業マンですかね^^

 

まあ、布石を打ってくる理由は一つで「教材を買ってもらうため」です。
売れれば相当な利益になるから。

 

まあ、これは当たりまえなので、そこに善悪はありません。
彼らも生活をかけて商売しているので当然です。

 

ただ、営業マンが利益のためだけに勧めてくるケースも多々あるので注意が必要だ、ということ。

 

あと、正直な話、最近大学に行くのってどうなのでしょうか?という気持ちが出てきているので、自分の考えを出す場所として書きます。

 

私の考えが合わなければ、スルーしていただいてもいいですが、営業マンが本当に大学が必要だから勧めてくるのかどうか、そこを見極める参考になればと思います。

大学受験

大学に入学するための試験です。

 

各大学が設けていて、合格点以上なら合格。
晴れて春から入学する資格が手に入ります。

 

この対策は高校受験より難易度は高くなるので、業界がこぞって

「大学受験は大変だ」
「大学は楽しいぞ!」
「こんなに受験者がいるんだぞ」
「うちなら大丈夫だ!」

とアピールしてくるのです。

 

大学生活

大学は、学問を専門的に学ぶ機関です。

 

大学のパンフレットなどにいろいろ載っているので見てみてください。いろんな分野の学問があります。しかし「学問をしっかり勉強する」学生はごくわずか・・・。

 

もちろん、勉強はするにはします。
その証拠が単位というもの。

 

でも、ほとんどの学生は勉強以外で時間を使うことでしょう。

 

なぜ大学に行く?

よく出てくる質問ですね。

 

これは各々の理由でいいかと思います。AO入試とか面接で聞かれたときの回答でもいいですし、なんとなくなイメージでもいいと思います。

 

が、「4年間遊べるから大学行こう」は絶対にダメ!

 

年間50万、100万円払って遊ぶ、ってどうでしょう?
そのお金は自分の貯金ですか?
あとは奨学金という名の借金を背負って遊ぶの?
※自分の貯金があれば、まあいいとは思いますが

 

もし4年間遊びたくて受験をするなら、受験しなくてOKです。進学しなくても遊べます。進学しなくても大学生と友達になることなんて余裕です。

 

なので、もし営業マンや塾関係者の口からそんなことが出たら、その営業マンとは関わらない方がいいでしょう。それは雑を通り越して詐欺レベルです。

 

大学生活での遊びは、あくまで学生生活の一部

「遊ぶな!」なんて言いません。自由に謳歌してください。でも、遊ぶために行かないでください。

 

目的は「遊ぶ」ではなく「勉強」です。

 

最近では、「遊びが仕事」といった表現もネットとかで賑わってますが、そういったことで生計を立てている方々の”遊び”は、一般の方の遊びとは、覚悟も中身も考え方も全然違います。

 

決してなめているわけではないのです。

 

大学に行って何をするか

何をするかは本当に自分次第です。ですので、自己責任です。

 

もし、遊ぶなら本気で遊んでください。
いろいろ経験を積むというならいい時期なんでしょう。
※再三言いますが自己責任です。

 

「大卒」はステータス???

まあ、ステータスですよ、一応。
履歴書とかには書けますが、肩書が増えるだけです。

 

しかも、この書き方だと「就職」が前提なので、誰かに雇われて生きることになります。

 

「雇われ=悪」といったことは、ここでは言いませんが、もしいい大学に行けばいい就職先も安泰だ!と考えているなら、それは危険です。やめましょう。

 

わけのわからん高給取りの例を出してくる営業もあるかもしれませんが、それが全員に充てはなるなんてことはないですよね?

 

絶対でない以上、鵜呑みは厳禁!

検索すればわかりますが、今メガバンクから転職を希望する者が増えています。
「メガバンクに就職出来た!やった~!」から一転、転職を希望する。

 

おかしいですね^^
安泰するための就職だったはずなのに・・・

 

まあ、「就職に有利だから」を武器にする時代遅れな営業マンはいないと思いますけど。

 

何をするか

しつこいですが、本当に何をするか、なんです。

 

「大学生だから」というより10代後半から20代前半といった、素晴らしいかけがえのない若き時間を無駄にしてはいけません。若いって、想像以上に素晴らしいんですよ^^

自分でお金を稼ぐようにする

今の時代、労働だけで生きていくのは厳しいです。いや、生きることはできますが、それで終わります。何か自分で生み出したり、自分で稼がないと搾取されてしまうからです。

 

これは学校の授業では教わりません。
大学の授業でも同様です。

 

「経済学部に行けば、お金について学べる」と思っているなら目を覚ましましょう。

 

経済学部は「経済」という学問を勉強するのであって、あなたの実生活に役立つ知恵を教える学部ではありません

 

参考までに、ブックオフにいって「〇〇経済論 入門編」のような分厚い本を立ち読みしてください^^

 

「待ち」の姿勢は消える

指示を待っている。仕事が来るのを待っている。給料を待っている。

 

う~~ん^^;
危ないですね。その仕事はもしかしたら、あなたでなくてもいいかもしれません。

 

まとめ

最後の方は本題とは関係ないことになってしまいましたが、営業マンが大学受験を勧めてきたら、ちょっと立ち止まりましょう。焦って、即決をしないように。

 

即決なんかしなくても、彼らは普通に売ってくれます。
もし、本当に売ってくれないなら、別のものを選べばいいだけです。

 

買い手側も考えないといけません。

 

 

「大学受験」が昔みたいに行くことがアドバンテージと思っていると、お金も時間も失うことになります。

 

購入の際にはよくよく考えてからをお勧めします。

 

関連記事

講師や上司の正論が、必ずしも正しいとは限らない?その理由をお話しします
子供が集中して勉強しないのには理由がある!!自宅と塾を使って解決する方法!!
内申点を目標にした学校生活は想像以上に疲れます。あなたの「得意」は何ですか?
高校生になってからの話【概要編】
まずは確認しましょう。塾の選び方で大切な5つのポイントとは?
8割以上が答えられない、生徒からの「将来役に立つの?」に対しての考え方
試験本番中のNG行為はお祈り!?祈る前に鉛筆を動かしましょう!!
「子供が勉強しない」という悩みは「勉強してほしい理由」を考えるとだいぶスッキリします
【塾選び】背中で語ることが約8倍の効果を生む!?子供に与えるいい影響とは
【塾選び】頑張る子供を応援したい!保護者としての効果的な接し方
「センター現社は勉強しなくても70点余裕♪」は、何もしない人間への制裁措置である
大学受験は高校受験とは一味も二味も違うのです!!
ムーミンへの噛みつき方が、過去の自分にそっくりで心配したのでそれについて少々書きます
ムーミンに続いて、ロンブー淳さんへの噛みつき方を見て思ったことです。