「続けること」は100人中4人しかやらない難しいこと。それができたらあなたも偏差値67

「どうすれば続けられるか」というお悩み解決ブログは非常に多いですよね。私も以前に書きました^^

関連記事:ものごとを21日で習慣化させるための超簡単なコツとは

 

わざわざ悩み解決を紹介するということは簡単ではないということなので、今回はなぜ簡単ではないのか?を紹介します^^
※例によって、条件等は私都合の簡単なものにしております^^;

偏差値とは

f:id:maruhijukujoho:20171015194430j:plain

まずは受験でおなじみの「偏差値」についてです^^

偏差値(へんさち、英: standard score)とは、ある数値がサンプルの中でどれくらいの位置にいるかを表した無次元数。平均値が50、標準偏差が10となるように標本変数を規格化したものである。

wikipedia参照

 

簡単に言うと、平均からどのくらい離れているか、です。

  • 偏差値50・・・平均点ちょうど
  • 偏差値60・・・すごい!
  • 偏差値70・・・超すごい!!

こんなイメージです。

 

グラフにすると、下図のようになります。※正規分布とする

f:id:maruhijukujoho:20171015220817j:plain

 

8:2の法則

f:id:maruhijukujoho:20171015170955j:plain

パレートの法則とも言いますね^^

 

有名な例は、
「100匹のアリを観察すると、約20匹しか動いていない」

つまり全体の20%が成果を出す、というものです^^

 

不思議なことに、その働く20匹だけを取り出してみると、その20匹のうちの20%、つまり4匹しか動かなくなります。

 

f:id:maruhijukujoho:20171015214804j:plain

続けるとは

何かのきっかけで始める人は多いですが、それ以上に、80%の人知らなかったり知っててもやらなかったり興味がなかったりで、始めることすらありません

 

よって、何かを始めるだけで全体の20%に入ることになります^^

 

そして、20%の「始めた人」の中から成果を出すのは、その始めたことを「続ける人」です。

 

働きアリの例に沿って計算すると、
続ける人」の割合は”全体の20%”の20%、つまり全体の4%になります。


上位4%

偏差値67くらいが、大体上位4%になります。
東大や京大の入試難易度、というとわかりやすいですね^^

 

なので、東大生や京大生は、特に変わったことをしていたのではなく、純粋に続けていたわけなんですね^^

 

もし東大や京大を目指すなら、正しい方法で続ければいいのです。

 

まとめ

f:id:maruhijukujoho:20171015233445j:plain

続けるというのは、まさに「言うは易し、行うは難し」です。
簡単なことではありません。

 

習慣になって続いたとしても、望んだ成果が出ないとき、心が折れてやめてしまいます。それを続けられる人が、上位4%になれるのです。

 

そこから先の世界は、ぜひその領域になってから、各々で考えてみましょう^^

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

関連記事

やりたいことが見つからない人へ。まず何をしたらいいのかを考える
【塾】成功する人は、できるの人の何を真似する!?【家庭教師】
【塾】姿勢に注意しましょう!!座り方ひとつで集中力が3倍変わる!?【家庭教師】
塾を選ぶときは迷うもの。いい塾ってどこなの?と思ったら見るブログ
【塾】まずは成功者の真似をしよう!!成功への学ぶことは真似ること!!【家庭教師】
まずはググる。それでも説明がわからないときにすること5つ
マンネリは「疲れ」より危険!?休憩中のちょっとしたコツでパフォーマンスを3倍上げよう!!
日常のマンネリ対処法 ※条件付き
「大学受験」で見返そう!!と思ったとき、ちょっとだけ立ち止まって考えるポイント
「筋トレが最強のソリューションである」が想像以上にすさまじかったので紹介します!!
知る人ぞ知る!!受験国語の答えが決まっている理由とは
【塾】情報は、収集・分析・発信の繰り返しで価値が増す!!学習における情報の大切さ【家庭教師】
【塾講師】身だしなみに気を遣うのは必須!?靴と服と顔と髪と・・・【アデランス】
【塾】質と量の関係とは??量から生まれる質について【家庭教師】
わからないことがわからないときの対処法【生徒編】

Menu

HOME

TOP