教科書には載っていないブログ

教科書では習わないことを、ほのかに酸味が効かせ、さっぱり系調味料的な記事に仕上げています

15分の昼寝は、午後のパフォーマンスが2倍以上あがるのか!?を考えてみます

 


塾教育ランキング

 

こんにちは^^

 

昼寝は仕事の効率を上げる!!

すでにいろんな方々に取り上げられてるこのテーマですが、

私もちょっと考えてみたくなりました^^

 

実際、頭がボーっとした状態では何もできないし、昼寝すると頭がすっきりしますからね^^

 

ということで、
「最高のパフォーマンスで取り組んで、たくさん寝たい」派の私も、ほかの方々と同じように、

昼寝について、図や計算を用いて説明してみます。

※私都合のかなり大雑把な設定なのであらかじめご了承ください^^;

 

 

設定

f:id:maruhijukujoho:20171007154040p:plain
設定です^^

  1. 仕事や勉強時間は1日合計10時間
  2. 朝(午前)4時間、昼(午後)3時間、夜3時間
  3. パフォーマンスはMAXで 100
  4. 寝るときにはになる
  5. パフォーマンスは綺麗に変化する

 

1は、計算がラクなのでこの設定。

2は、1に伴い朝、昼、夜を分ける

3は、朝から100%全開で取り組む

4は、充実した1日を過ごしたとして、寝るときにはパフォーマンスを”0”

5は、突然やる気が出たり、一気に無くなったりといった、パフォーマンスの波は考えません。

 

 

昼寝について

f:id:maruhijukujoho:20171007164612j:plain

確かに、昼食を食べた後は眠くなりますよね。

そんな眠たい状態で、勉強や作業なんてとても無理です!!

あの状態は、トイレに行くのだって厳しいですよ^^;

 

昼寝について少し調べたところ、
どうやらパフォーマンスが30%ほど回復するようです。

 

実際、私も眠くなったら昼寝をしますが、スッキリしてそのあとの作業がめちゃくちゃはかどります!!

 

 

図と計算で説明

さて、文字だけだと訳が分からないので、そろそろ図を使います^^

 

設定どおり、
最初のパフォーマンスは100で、10時間後、寝るときはになっている。

そして、減り方は一定とすると、次の三角形の面積が、1日のパフォーマンスになります。

f:id:maruhijukujoho:20171008010508j:plain


これが基本形です。

これをいじくって、昼間の状態などの変化を見ていきます。

 

 

昼寝無しVer.

f:id:maruhijukujoho:20171008014024j:plain

昼間の眠気は、作業どころではありません^^;

 

なので、昼のパフォーマンスは20%

ボ~っと作業をするので、20%のまま緑の面積

 

夜になって意識が戻りますが、基本の状態により30%からスタート。
最後は青の三角形

 

面積の合計は、
3206045425

 

 

昼寝ありVer.

f:id:maruhijukujoho:20171008021306j:plain

今度は昼寝ありVer.です^^

 

昼寝をすればパフォーマンスが30%回復するそうなので、

ざっくりと60→70にUPで、25%回復させています^^

 

減り方は基本形と同じで、寝るときは0になるようにすると、上のような形になります。

 

面積の合計は、
32016560545

 

となります。

 

 

昼寝推奨します!!

f:id:maruhijukujoho:20171008022713j:plain

簡単な設定で計算してみました^^

朝は、昼寝に関係ないので、に注目してください。

 

昼寝無しの昼と夜の面積は、105

昼寝ありの昼と夜の面積は、225

 

無しとありでは、なんと2倍以上の差が出ているんです^^!!

 

実感としても、ボ~っとしたまま作業するより、しっかり休憩してから取り組んだほうが、全然違います^^

 

なので、昼寝推奨です^^

 

 

もしそんな時間がないなら

f:id:maruhijukujoho:20171008023434j:plain

もし、昼寝の時間なんかない!!というなら、少し生活の改善が必要です。

素直にこちらの本をお勧めします。 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

以前の記事でも書きましたが、時間は「作る」のではなく「削る

それについて、わかりやすく丁寧に書かれています。

 

関連記事:【塾】忙しい人必見!!生徒も講師も、時間管理はこうすればいい!!【家庭教師】

 

 

もし「時間がない」と悩んでいるなら、ソーシャルゲームやTVの時間を、こちらの本に充ててください。

きっと、時間の使い方が変わると思います^^

 

 

まとめ

パフォーマンスについて図や計算を用いて書きましたが、体調管理と同様、パフォーマンス管理も必須なんです^^

 

私は、実感していて、いろんな方々のブログの内容やそれに関する本を見て、実践しています。

 

そのパフォーマンスを管理する方法として「昼寝」を挙げましたが、ほかにも自分にとってのオリジナルの管理方法があるはずです。

 

ぜひ、それらを実践して最高のパフォーマンスを発揮しましょう^^

参考にした書籍はこちらです 

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

 

 

非常にシンプルでかつ、読みやすい内容で、すらすら頭に入ってきます。

こちらもお勧めの1冊です。ぜひ、ご覧ください

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます