教科書には載っていないブログ

教科書では習わないことを、ほのかに酸味が効かせ、さっぱり系調味料的な記事に仕上げています

【塾運営】雑談が塾を救う!!生徒集めのコツにおける雑談のススメ【集客】

 

こんにちは(^^)

 

前回、集客や生徒集めのコツは「雑談」だということを書きました。

関連記事:【塾運営】生徒が友達を呼びまくる、誰でもできる意外なコツとは!?【集客】

 

塾において、継続率が高いところは「いい塾」になります。

そのため「塾選び」は、その1点さえ押さえれば大体問題はありません^^

 

 

継続率を見る

継続率は本当にその塾の手腕が問われるものです。

そのため、継続率高いところは本当に素晴らしいです^^

 

逆に、継続率が低い(よく退塾が出る)ところは、少し塾長と話をするなどして確認が必要かと思います。

 

保護者の方が、いろんな塾を検討する中で、塾側はどうするべきなのか。

前回の続きを踏まえて、塾を運営するための重要なポイントをお伝えいたします(^^)

 なので、これから書くポイントに注意していただくと、何かの参考になるかもしれません(^^)

関連記事:【塾運営】生徒が友達を呼びまくる、誰でもできる意外なコツとは!?【集客】

 

 

さまざまな授業

「授業がわかりやすい」とか「すごく点数が上がった(^^)/」

f:id:maruhijukujoho:20160804210838j:plain

これは、とても重要ですが、当たり前といえば当たり前です。

 

成績の悩み塾で何とかしてもらうために、保護者の方は相談されるのです。

成績の悩み解消されなければいけません。

 

そのため、どの塾も授業には力を入れます。

授業中に笑いを入れたり、
独自のプリントを作成して配布したり、
個別指導を導入したり、
eラーニングなどの映像授業、
特別講習
〇〇対策テキスト

 

その他、挙げるとキリがありません^^

 

本当に、いろんな工夫がみられてすごいと思います。

 

では、授業の内容だけが良ければそれで大丈夫なのか?

というと、実はそうではありません。

 

 

授業力がすべてか!?

どんなに素晴らしい授業を展開しても、
内容を聞いていなければ意味がありません。

 

例えば、次のような場所はどうでしょう

  • 授業は、有名な講師の方の動画を使用。
  • わかりやすく、ポイントもよく押さえている
  • 集団塾で、ライバル同士が刺激し合ってる
  • ノートを取らせて演習、宿題も出している

これだけ見るとどうでしょう。
めちゃくちゃいいシステムだと思います^^

 

「なるほど!それじゃあ、実際の成績などはどうだろう?」と、すごく気になります。

f:id:maruhijukujoho:20160903141513j:plain

 

しかし、実態はこうでした。

  • あそこの塾は、映像を使用している。
  • 映像はいいが、授業中生徒がきいていない。
  • よくしゃべり、うるさく集中できない。

親御さんから実際に聞いた、この塾の正体です。

※塾自体のネームバリューはありますが、その教室にはどうしても入れたくないそうです。

 

 

 

どんなに授業の質が良くても、授業内容を聞いていないどうにもなりません

そして、この親御さんの評価はお世辞にもいいとは言えません。

 

つまり生徒が、
授業を聞く(話を聞く)姿勢にならなければいけません。

 

 

話を聞く、話をする

もちろん、授業力は必要です。

「あの先生わかりにくい(;´・ω・)」

 

これでは、ちょっと良くないですよね^^;

 

 

 

でも、安心してください!

授業力は、努力次第で上がります

 

ですが、自慢の授業も
聞いてもらえなければどうにもなりません

 

では、そのために何をすべきなのか。
そこが前回からのコツであり、塾においての重要なポイントです。

 

生徒は塾に来る前はどこにいるか

それは学校です。
※そうでないケースもあるので注意

 

学校で先生の授業や話を聞きます

何時間も聞いています。

 

ご存知のとおり、人の話を真剣に聞くのは、ものすごく疲れます

生徒は、当然ながらテストのことや、その他重要なこと聞き逃すわけにはいかないので集中しっぱなしです。

そのため、塾に来る頃には集中力があまりない状態です^^;

 

f:id:maruhijukujoho:20171016174809p:plain

一方で、人は話を聞いてくれる嬉しくなります(^^)

 

『私の話を聞いてくれたから、この人の話は聞いてあげようかな(^^)』と、
耳をその人に傾けてくれます

 

つまり、

少しくらい大変でも、話を聞いてくれる人の言うことは、だいたい聞いてくれます。

 

 

会話が大切

なんとなく、言葉を変えて仰々しく書きましたが、

結局は会話です。

f:id:maruhijukujoho:20160913110107j:plain

 

一方的に話しまくってくる人ってどうでしょう?

 

こちらの話は一切聞かず、自分の言いたいだけを延々と話し続ける人がいたらどうでしょう(;・∀・)

 

ちょっと疲れてきますし、こちらも少しは話したいですよね^^;

 

なので、

生徒にしゃべらせる、つまり会話すればいいのです。

 

 

 

本当にこれだけです。

だから、雑談大切なのです。

 

 

 

とにかく、生徒に話をさせましょう

そのために、生徒の話を聞いてあげましょう。

こちらから話しかけて相手にしゃべらせます

 

「今日学校どうだった?」

「先生は、テストについて何かいってた?」

「部活の調子はどう?」

 

いろいろあるはずです(^^)

 

 

 

ポイントは、こちらから話しかけることです。

生徒から来るのを待つのはNGです。

 

積極的に話して、相手に話をさせましょう(^^)/

 

 

何気ない雑談でも宝の山

塾としては、いろんな情報を持っているととてつもなく有利です。

  • 試験範囲のポイントを熟知している
  • 学校の先生のクセを把握している
  • 小学生のときの勉強のさせ方
  • おすすめの参考書   etc

 

自分で調べられる範囲のものは、調べればわかりますが、

学校情報、とくに先生のクセ試験範囲などは、実際に先生に会わないとわかりません。

 

まさか、その人の細かいクセなどが、インターネットに乗っている、なんてことはないはずですからね(;・∀・)
f:id:maruhijukujoho:20171016180620j:plain

 

 

何気ない生徒との会話で、生徒がこちらに心を開いていれば

 

「どう?最近先生はなにか配った?」
と聞かなくても

 

「こんなプリントをもらいました」
と教えてくれたります^^

 

こういったコミュニケーションが、塾と生徒の関係を円滑にします(^^)

 

テスト対策なども、
テキストや教科書以外に、学校のプリントなどがあると

ものすごくやりやすいですよ(*^-^*)
※実際、学校プリントをやるだけで90%以上得点できるケースも多々あります

 

 

生徒の様子も見よう

学校情報だけでなく、その生徒の様子などもわかります。

  • なんとなく調子が悪そう
  • だいぶ疲れている
  • すごく機嫌がいい
  • いつもと変わらないかも?

 

これだけで、生徒フォローも楽になります(^^)

いちいち呼び出して確認しなくても、その場で話しかければわかることもあります。

f:id:maruhijukujoho:20160913110707j:plain

 

一見、いつもと変わらず、塾にも不満がなさそうでも、

突然、何かの理由で退塾を申し出たりするケースもあります。

 

しかし、こうした生徒との会話、雑談をすることで、

退塾を未然に防ぐことも十分可能なのです。

 

 

生徒は最大最強の広告塔

集客方法のうち、かなり威力の高い方法は、

クチコミです。

 

そして、クチコミというのは、ほぼ知り合いからきます

 

 

 

もし、生徒がうちの塾に大満足してくれて、

友達にガンガン声をかけてくれていたらどうでしょう?

f:id:maruhijukujoho:20160913111812j:plain

たくさんのお金をかけてチラシをつくり、

それを朝早くから何百、何千と撒いて、

雨の日も、じりじり日差しが肌を焼いてくる日も撒いて

ようやく問い合わせが1件来れば、万々歳のところを

 

生徒が、友達数人、多くても十数人に声をかけて、

ちょっと興味を持ってくれたらどうですか?

 

チラシクチコミ

『コスト』数万円0円

『時間』朝から数時間0分

『労力』現地に向かいチラシをまく生徒に伝えるのみ

 

 

 

自慢の生徒は実は、唯一無二

最大最強の広告塔なのです(^^)

 

 

まとめ

ここまでをまとめると、

  • 人は話を聞いてくれると嬉しい
  • 生徒に話しかけてしゃべらせる
  • 雑談は貴重な情報の山
  • クチコミ最強

 

これは、「言うは易し、行うは難し」

 

それができたら苦労はしないよ(-_-;)

というお言葉が来そうです。

 

ですが、こういったことを理解していないで、ただ授業の質だけを上げても変わるのは難しいです。

 

よく、こんな悩みをいただいていました。

  • 映像授業を見せている、テキストもさせている、宿題も出している
  • 成績もそこそこ、でも退塾が止まらない。

 

もしかしたら、

生徒にとって無機質な作業の繰り返しで、その作業に飽きてしまった可能性があります。

 

会話、雑談をして、コミュニケーションを!

 

塾とはいえ、人と人との関わり合いなので、コミュニケーションが一番大切なのです(^^)

 

 

 

ここまで、ご覧いただきありがとうございます(*^-^*)


塾教育 ブログランキングへ